倉敷アカデミックウインズは、岡山県倉敷市のアマチュアの一般吹奏楽団です。新入団員を随時募集。【練習日】木曜日20:00~21:30 日曜日19:00~21:30 ただいまSax(サックス)Tuba(チューバ)Per(パーカッション)大募集中!!私たちと音楽を楽しみませんか?

団規約

倉敷アカデミックウインズ団規約

倉敷アカデミックウインズ規約

第1章 総 則
第1条 <名称>
 本団体の名称を「倉敷アカデミックウインズ」とする。
第2条 <事務局>
 本団体の事務局を倉敷市内在住の団員宅におく。
第3条 <目的>
 本団体は、演奏技術を向上させると共に、音楽活動を通じて団員相互の親睦を深め、地域に於いて音楽の発展を図ることを目的とする。
第4条 <運営方針>
 本団体は、公共性を持つアマチュア団体として、民主的かつ自主的な運営を行う。

第2章 団 員
第5条 <資格>
 団員は、第1章第3条<目的>に賛同し、同第4条<運営方針>に沿って自主的に練習するとともに、積極的に自己の向上を図る音楽愛好家であるものとする。また、他の岡山県吹奏楽連盟加盟団体との二重所属は認めない。
第6条 <入団>
 入団は、必要書類により入団申し込みをおこない、運営委員会の承認を得て入団とする。ただし、原則として初心者および練習に参加できない者の入団は認めない。
第7条 <入団金>
 運営委員会の承認を得た入団希望者は運営委員会の定めた日までに、入団金として一律金1000円を納入しなければならない。
第8条 <団費>
 団員は、月額2500円の団費を納入しなければならない。団費の発生は入団月の翌月からとする。団費の納入は原則として銀行口座からの自動引き落としとする。
第9条 <退団>
 退団は、必要書類を提出し、運営委員会の承認を得るものとする。ただし、退団月までの団費は全納するものとする。
第10条 <休団>
 本団体は、休団制度を設けないものとする。
第11条 <除名>
 本団体は、次の項のいずれかに該当した団員を運営委員会の議決により除名することができる。
  ・団費を6ヶ月以上納付しないとき
  ・団体の名誉を著しく棄損し、または団体の活動を妨げる行為をしたとき
  ・6ヶ月以上継続して団体の活動に参加できないとき
  ・その他、運営委員会がその必要を認めたとき

第3章 事 業
第12条 <活動>
 本団体は、日々の練習を中心とし、以下の活動をするものとする。
     ・最低、年1回の定期演奏会
     ・その他、第1章第3条<目的>の達成に必要な活動
     ・一般吹奏楽連盟関連行事
第13条 <活動年度>
 本団体の活動年度は、4月1日より翌年の3月31日までとする。

第4章 組 織
第14条の1 <団長>
 本団体の総括として団長を置く。
 団長は総会でこれを選出する。
 団長の責務は以下のこととする。
     ・団長は本団体を代表する。
     ・団長は当団の執行機関である運営委員会を指揮監督する。
     ・団長は運営委員会の代表として総会に議案を提出する。
     ・団長は(団長以外の)運営委員会を指名し、総会で団員の承認をうける。
第14条の2 <運営委員>
 本団体に以下の運営委員を置く。
     ・団長         1名
     ・副団長        若干名
     ・渉外         若干名
     ・渉内         若干名
     ・会計         若干名
     ・一般吹連常任理事   1名
第14条の2の2 <副団長>
 副団長は団長を補佐し、団長がその執務をおこなうことができなくなった場合にその執務を代行する。
第14条の2の3 <任期>
 団長の任期は2年(4月1日より翌々年の3月31日)、その他の運営委員の任期は1年(4月1日より翌年の3月31日)とする。再選・再任は、これを妨げない。
第14条の3 <定演実行委員会>
 1 本団体に定演実行委員会を置く。委員長は定期演奏会終了後に開催される総会でこれを選出する。
   任期は1年(4月1日より翌年の3月31日)とする。
 2 定演実行委員は委員長の推薦等により選出される。任期は1年(4月1日より翌年の3月31日)とする。
第14条の4 <吹奏楽連盟>
 1 本団体より岡山県一般吹奏楽連盟常任理事および同理事を選出し派遣する。
 2 理事は常任理事がこれを推薦する。
第15条 <その他>
 1 本団体に相談役を置くことができる。
 2 相談役は運営委員会の推薦により総会で承認し、団長がこれを委嘱する。

第5章 会 議
第16条 <総会>
 1 総会は、団長が毎活動年度終了までに団員を招集し以下の事項を承認決定する。
     ・議長選出
     ・団長の選出(2年毎)
     ・定演実行委員長の選出(1年毎)
     ・運営委員の承認
     ・活動報告
     ・会計報告
     ・活動計画
     ・規約改正
     ・その他
 2 総会は団員の3分の2以上(委任状を含む)の出席で成立する。
 3 総会の議事は出席者の過半数の同意をもって決定する。
  ただし賛同者数が出席者の半数の場合は、議長の意見を持って決定する。
 4 総会の書記は、総会においてこれを団員2名に委託する。
第17条 <臨時総会>
 運営委員会が必要と認めた場合、または団員の2分の1以上から要請があった場合は臨時総会を開会することができる。
第18条の1 <運営委員会>
 1 運営委員会は第4章第14条の1<運営委員>をもって構成され、総会で委任された事項及び団の執行に関する事項を審議決定する。
 2 運営委員会は最低、月1回開会し、また運営委員が必要と認めた時に団長が招集し開会する。
 3 運営委員会は運営委員の過半数の出席がなければ開会できない。
 4 運営委員会の議長は団長が行い、渉内は議事録を作成する。
 5 議事は出席者の過半数の賛同をもって決定する。ただし、賛同数が出席者の半数の場合は議長の意見をもって決定する。
第18条の2 <定演実行委員会>
 1 定演実行委員会は第4章第14条の3<定演実行委員>をもって構成され、総会で委任された事項及び定期演奏会に関する事項を審議決定する。
 2 定演実行委員会は定演実行委員が必要と認めた時に定演実行委員長が招集し開会する。
 3 定演実行委員会は定演実行委員の過半数の出席がなければ開会できない。
 4 定演実行委員会の議長は定演実行委員長が行う。
 5 議事は出席者の過半数の賛同をもって決定する。ただし、賛同数が出席者の半数の場合は議長の意見をもって決定する。

第6章 財 務
第19条 <会計>
 1 本団体の会計年度は1年とし、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
 2 本団体の運営に関する経費は、入団金、団費、寄附金、演奏会収入、その他の収入をあてる。
 3 本団体で生じた欠損金については総会の決議に従う。
第20条 <会計監査>
 1 本団体は会計監査員を若干名置く。
 2 会計監査員は本団体の会計を監査し、総会において報告する。

第7章 解 散
第21条 <解散>
 1 本団体は総会の決するところにより解散することができる。
 2 解散する場合の資産の処分については、総会の決議によるものとする。

    <附則>
    この規約は、平成4年6月1日より施行する。
    この規約は、平成5年6月6日に改定し同日より施行する。
    この規約は、平成6年4月3日に改定し同日より施行する。
    この規約は、平成7年4月27日に改定し同日より施行する。
    この規約は、平成8年4月11日に改定し同日より施行する。
    この規約は、平成12年4月30日に改定し同日より施行する。
    この規約は、平成13年4月29日に改定し同日より施行する。
    この規約は、平成14年1月20日に改定し同日より施行する。
    この規約は、平成16年3月4日に改定し同日より施行する。
    この規約は、平成22年5月9日に改定し同日より施行する。
    この規約は、平成26年1月30日に改定し同日より施行する。

PAGETOP
Copyright © 倉敷アカデミックウインズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.